看護師になるには|社会人、主婦、男性、働きながら看護師になる方法!

Let's become a nurse! 看護師になろう!

社会人にとっても看護師は魅力的な仕事です。やりがいがあるのはもちろん、その仕事の安定性は公務員並みです一度社会に出てから、「やっぱり看護師になろう!」と決心し、看護師を目指す人は、結構多いんです。でも、「社会人からでも看護師になれるのか」、「社会人から看護師になることで、何かデメリットはあるのか」、「どうやったら看護師になれるのか」など様々な心配事や不安が出てくると思います。

社会人から看護師になるメリットやデメリット、効率的な看護師への道をご紹介しますので、今後の参考にしてみてください。

  • 社会人が看護師になるときのメリット

まずは、社会人から看護師になるメリットです。このご時勢、一度正社員として就職しても、お給料がカットされたり、ボーナスがなかったり、リストラに遭うなど「安定している」とは言えない状況であることが多いですよね。

でも、看護師は国家資格ですし、景気に関係なく、いつの時代でも需要の多い職業ですので、リストラに遭うこともありませんし、看護師のお給料やボーナスがカットされたという話も聞きませんので、公務員並みに安定した職業と言えるでしょう。

万が一、勤務している病院が潰れてしまったとしても、求人数が多いですので、転職先をすぐに見つけることができます。

また、産休や育児休暇などの福利厚生も整っている職場ばかりですので、女性でも一生続けていける仕事ですし、患者さんの命や健康を扱う看護師の仕事は、とてもやりがいを感じるものなんです。

  • 社会人が看護師になるときのデメリット

次に、社会人から看護師になった場合のデメリットや苦労についてです。これは、特に大きなデメリットはないのですが、高校卒業後すぐに看護学校に入学した人と比べると、多少のデメリットや苦労は出てきます。

具体的には、社会人から看護師になった場合、新卒での就職先が限られてしまうことがあります。病院側は、同じ新卒でも年齢が若い子を採用したいと思うのは、当然のことですよね。

そのため、希望の病院に就職できないことがあるかもしれません。でも、看護師の就職率はほぼ100%ですし、「就職先が見つからない」、「就職活動に苦労している」という話は聞きませんので、安心してください。

また、新人看護師の時は、指導係としてプリセプターがつきますが、社会人になってから看護師になった場合、このプリセプターが年下になるという可能性が大きいんです。通常、プリセプターは「頼りになるお姉さん」という存在ですが、プリセプターが年下だと、「頼りになる先輩、でも年下…」ということになり、関係性が難しくなるかもしれません。

  • 社会人が看護師になる効率的な道

では、社会人から看護師になる場合の効率的な道をご紹介します。まずは、看護専門学校にするか、4年制大学にするかを選びましょう。専門学校は3年間ですが、大学の場合は4年間(2年次への編入制度がある大学も一部あり)の違いがあります。

養成期間や学費面を考えると、専門学校がおすすめですが、将来助産師や保健師へのステップアップを考えている場合などは、4年制大学を選択しても良いでしょう。

学校を選ぶ次のポイントは、付属病院への就職率です。看護学校は、多くの場合付属病院を持っています。上記で述べたように、社会人経験がある場合、就職先が限られてしまうことがありますが、付属病院への就職率が良い学校を選んでおけば、卒業後の就職も安心ですよね。

  • 社会人入試があるとより有利

最後に、社会人入試があるかどうかです。看護大学や専門学校の中には、社会人入試を設けているところがあります。社会人枠を設けている学校は、社会人経験のある人にも門戸を開いているということですし、そこへ入学できれば、自分よりも若い同級生だけでなく、自分と同様に社会人経験のある同級生を得ることができます。

また、社会人入試のある学校は、社会人入試と一般入試の受験チャンスが2回あるため、看護学校への入学チャンスも広くなるというメリットがあります。

一度社会人を経験している看護師は、ほかの看護師よりも視野が広く、看護に対して柔軟な考え方ができる人が多いですので、社会人の経験は看護師になってからも生かすことができるでしょう。


看護師は主婦が挑戦する価値のある仕事です。しかしかなり大変ですので、長期的な視点で計画を立てましょう看護師は、女性でも一生働くことができて、比較的お給料も良く、就職先もたくさんある職業であるため、主婦から看護師を目指す人もいます。ただ、主婦は学生とは違い、様々な制約もありますので、看護師になるのは簡単なことではありません。でも、主婦から看護師になるのは、決して不可能なことではないんです。主婦から看護師になる最善の方法をご紹介します。

主婦から看護師を目指す場合、家庭や育児との両立をしなければいけなかったり、学費をできるだけ抑えなくてはいけない等の制限がありますよね。

  • 主婦にお勧めなのはまずは准看護師

このような制限がある場合は、まず准看護師の資格を取得して、准看護師として働き出すのがおすすめです。准看護師の教育課程は2年間と短いですし、看護助手として働きながら学べる学校もありますので、そのような学校を選べば、金銭面での負担は少なくなります。

また、働きながら学ぶことで、保育園も利用しやすくなりますし、看護助手の職場に託児所が併設されているところもありますので、育児との両立もしやすくなるでしょう。

准看護師ではなく、正看護師になりたい場合は、金銭面でも余裕ができて、育児も一段落した頃に、正看護師の養成学校に通うのが、最も効率が良いと思いますよ。

  • 看護助手をしながら准看護師養成学校へ行く場合の生活の例

しかし、家事や育児を両立しながら、看護師を目指すのは、かなりハードになります。看護助手として働きながら、准看護師養成学校に通う1日のスケジュールの一例をご紹介します。

朝7時に出勤し12時まで看護助手として働き、13時から17時までは学校で授業を受けます。学校が終わった後は、基本的にフリーですが、課題を終わらせたり、場合によっては夜勤に入ることもあります。また、実習が始まると、さらに忙しいスケジュールとなります。

このようなスケジュールの中で、家事や育児を両立させるのは、かなり困難ですが、実際にこのスケジュールで主婦から看護師になった人もいますので、「看護師になりたい」という強い心があれば、不可能なことではありません。

  • 主婦でも看護師に挑戦する価値はあり

主婦から看護師になることは、かなりハードな道と言えますが、看護師になった場合のメリットは非常に大きいんです。初めに述べたように、看護師は一生続けられる仕事ですし、お給料も良く、安定している仕事ですので、働き出してからは金銭面で苦労することは少なくなるでしょうし、万が一離婚したとしても、経済的な不安はありません。

また、最近は託児所併設の病院が増えていますし、常勤以外にも非常勤やアルバイトなど自分に合った働き方を選択できますので、家事や育児との両立も可能なんです。

  • 主婦が看護師への道を考えるときには長期的スパンで計画的に

主婦から看護師になるためには、まず家庭や育児との両立をどう行っていくかを家族と話し合っておきましょう。また、看護学校選びが重要なポイントになってきますので、事前の下調べは欠かせません。さらに、看護学校入学のための受験勉強も必須になります。そのため、主婦から看護師になるためには、急がずに長期的なスパンで考えていきましょう。


男性にも魅力のある看護師の仕事ですが、まだまだ女性の多い職場です最近は、病院でも男性看護師の姿を見かけることは、珍しいことではありません。平成24年の厚生労働省のデータでは、男性看護師の割合は7.3%となっています。平成16年の時点では、男性看護師の割合は4.2%でしたので、8年間で1.7倍以上も増加しているんですね。今後は、さらに増えていくことが予想されています。

  • 男性看護師の増えている理由

なぜ、男性看護師が増えているのでしょう?これは、看護師になるメリットを見ればわかります。

看護師の仕事は、需要も多く、リストラなどの心配も皆無のため、非常に安定した職業です。結婚後や老後のことを考えて、安定した職業に就きたいという男性は多いですよね。

また、看護師は「人の役に立つ」仕事ですし、命の現場で働くことは、毎日のようにやりがいを感じることができます。仕事を続けていく上で、やりがいを感じることは非常に重要ですし、やりがいを感じると、自分の仕事に誇りを持てますよね。

男性看護師が増えている理由は、この2つに加えて、病院側の需要も増加しているからなんです。病院側にとっての男性看護師のメリットは、「女性に比べて退職せず、長期間勤めてくれる」、「看護師は体力勝負の仕事なので、男性がいるほうが心強い」などがあります。

男性の場合、産休や育児休暇を取得せず、また家庭の事情で退職する人も少ないため、看護主任や看護師長など管理職に就いている男性看護師も少しずつ増えてきています。

一昔前は、男性看護師の就職は、ごく一部の限られた病院のみでしたが、現在では多くの病院が男性看護師を積極的に採用していますので、就職先の幅も広がっているんです。

以上のような理由で、看護師を目指す男性が増え、採用する病院も増えてきているので、男性看護師の割合が増加しているのです。

  • 男性看護師の悩み

男性看護師の割合は増えてきていますが、まだまだ少数派であることには変わりなく、看護師の多くが女性ですので、男性看護師特有の苦労はあります。

例えば、職場での人間関係です。女性ばかりの職場の中で、男性看護師が上手に人間関係を築いていくのは、なかなか難しいですよね。また、女性同士の人間関係のいざこざに巻き込まれてしまうケースもあるので、注意が必要です。

また、女性看護師に比べて、医師との関係も難しくなります。看護師は、業務上医師の指示受けて仕事をすることが多いのですが、若いうちは気にならなくても、40~50代になった時、20代の医師から指示を受けて仕事をすることに抵抗を持つ場合もあるでしょう。

さらに、男性看護師だからという理由で、仕事が制限されてしまう場合もあります。女性の患者さんの場合、男性看護師に排泄介助をされるのは不快に思うことが多いですよね。また、高齢の患者さんの中には、男性に看護されることを拒否する人もいます。

  • コミュニケーション能力が重要

男性看護師には、このような苦労がありますが、この苦労を最小限にするために必要なスキルが、コミュニケーション能力です。コミュニケーション能力が高い人なら、同僚の女性看護師との関係も上手くいくでしょうし、女性の患者さんの排泄ケアも女性看護師に「ちょっと手伝ってくれる?」と気軽にお願いできますよね。

看護師自体が、高いコミュニケーション能力を必要とされる仕事ですが、男性看護師の場合は、さらに高いコミュニケーション能力が必要となるでしょう。

  • 男性看護師の将来性に関する不安

男性が看護師を目指すには、ある程度の覚悟が必要です。上記のような苦労があるのはもちろんのこと、出世や給料アップ面では、まだまだ未知数である部分が大きいのです。

男性看護師の需要は高まっていますし、看護師自体がリストラがなく、求人数も多いため、安定した職業なのですが、男性看護師が増えてきたのはここ最近のことであり、女性が多い職場であることには変わりないため、男性看護師がどのくらい出世するのか、管理職に就けるのかは、病院の方針によってかなり異なってくるのです。

  • 男性看護師のキャリアのために必要な事

男性が看護師として一生働いていくなら、男性看護師を多く受け入れている大学病院や大きな総合病院に就職しましょう。また、ひとつの科に長く勤めて、救急看護や集中治療ケア、小児看護など専門性を身に付けることも重要です。

もし可能なら、認定看護師や専門看護師の資格を取得して、キャリアアップを視野に入れておくと良いでしょう。

また、看護学校についてですが、男性の入学者の割合は、学校によってかなり差がありますので、男性の入学者がある程度多い学校を選ぶようにしましょう。


働きながら看護師になるのは大変な努力が必要ですが、やりがいもあります看護師になりたくても、経済的な事情で、「できれば働きながら看護師の資格を取得したい」と思っている人も多いと思います。働きながら看護師になることは、不可能というわけではありませんが、非常に困難であることは事実です。

  • 忙しすぎる正看護師養成機関

正看護師の資格を取るためには、正看護師の養成機関で3年以上学ばなくてはいけませんが、正看護師の養成機関は全日制で、夜間学校はありません。さらに、課題や実習で忙しく、アルバイトをするのさえ難しい場合があり、働きながら正看護師の資格を取得するのは、事実上不可能と言えるでしょう。

  • 働きながら准看護師になる

もし、働きながら看護師になりたいなら、准看護師になることをおすすめします。准看護師学校の中には、授業は半日だけという学校がありますので、午前中は看護助手として働いて、午後は学校で授業を受けることが可能です。夜間は、課題をしたり、夜勤に入り働くことになります。

このように看護助手として働きながら、准看護師学校に通えば、お給料を貰いながら学べますので、経済的な負担は少なく、2年間で准看護師の資格を取得することができます。

  • 准看護師から正看護師への道もあります

もし、准看護師ではなく正看護師になりたい場合は、一度准看護師になってから、正看護師の資格取得を目指しましょう。准看護師として働きながら、夜間の正看護師養成コースに3年通うことで、正看護師になることができます。また、准看護師として10年以上働いた場合は、通信教育で正看護師になれますので、働きながら正看護師になることができるんです。

  • 働きながら看護師になるメリットとデメリット

では、働きながら看護師になることのメリットやデメリットを考えてみましょう。

働きながら看護師を目指すメリットは、やはり経済的な負担が少なくて済むという点です。正看護師の看護専門学校に3年間通う場合は、公立でも100万円前後はかかります。私立や4年制大学の場合、さらに学費は高くなるでしょう。

しかし、働きながら看護師を目指す場合は、そのお給料から学費を支払うことができますし、学費を除いた手取りも約10万円ほど貰えることが多いですので、経済的な負担は最小限になりますよね。

また、学生のうちから看護助手として働くことで、病院の内情や実際に働く看護師の姿を知ることができますので、就職後に「こんなはずじゃなかった」と理想と現実のギャップに悩むことも少ないですし、実習にも取り組みやすく、就職後も即戦力になることができるでしょう。

働きながら看護師になるデメリットは、就職先が限定されてしまうことです。働きながら学べる准看護師学校の多くは、卒業後指定の病院で数年働くことが義務付けられています。就職先に困らないとも言えますが、もし働きたい病院がある場合は、少し遠回りになってしまいます。

また、働きながら看護師を目指すのは、体力的にかなり厳しくなります。学校自体も、課題やテスト、実習で本当に忙しいですし、看護助手の仕事も体力的にキツイですので、学校に通う2年間は、睡眠時間の確保が難しいくらいハードなものだと覚悟しておいたほうが良いでしょう。

働きながら看護師になることは、本当に厳しいものですが、金銭的な面でのメリットは大きく、チャレンジする価値のあるものだと思います。金銭面で余裕がないけれど、本気で看護師になりたいと強く思っていて、体力に自信のある人なら、働きながら看護師になることができるでしょう。

正看護師になるには

3:31 pm 7月 26, 2013 becomenurse

正看護師には看護の実務能力の方が重視されますが、大学で学ぶことで看護を俯瞰して考える事が出来るようになります「女性でも一生続けられる」、「看護師はお給料が良い」、「やりがいがありそう」、「以前病気になった時に看護師に助けられた」などの理由から、看護師を志す人は多いと思います。

看護職には、正看護師と准看護師の2種類があり、正看護師は国家資格、准看護師は都道府県知事免許という違いや給料や待遇面の違いがありますが、7割以上が正看護師で、准看護師は減少傾向にあります。

  • 正看護師になるための進路

では、正看護師になる道には、どのようなものがあるのでしょう?正看護師は国家資格ですが、正看護師への道はひとつではありません。正看護師になるには主に4つの方法があります。

1つ目が、看護専門学校で学ぶ道です。看護専門学校は、高校卒業後に3年間の教育課程を受けます。2つ目が、看護短期大学です。看護短期大学も、高校卒業後に3年間学びます。3つ目が、看護大学で4年間学ぶ道です。4つ目が、准看護師の資格を取得してから、正看護師の資格を取得する方法です。

  • 正看護師になるための4つの進路のメリットとデメリット

この4つの方法のそれぞれの特徴やメリットを比べてみましょう。

■看護専門学校の特徴は、実践力が身につくことです。短大や4年制大学に比べて、実習に重きを置いた教育課程になっていますので、専門学校卒の人は即戦力として期待されています。また、学費も比較的安いこともメリットのひとつと言えるでしょう。

■看護短期大学の場合、専門学校と同じ3年間の教育課程ですが、専門学校よりも卒業後の進路が幅広くなるというメリットがあります。具体的には、看護大学への編入(3年次)できるという点です。専門学校卒でも編入できる大学もありますが、短大卒のほうが選べる大学が多いんです。

3年間の教育課程の中で、「もっと看護を学びたい」、「看護学の研究をしてみたい」と思うようになるかもしれません。そのような可能性がある場合は、専門学校よりも短期大学を選んだほうが良いでしょう。

■次に、看護大学のメリットです。看護大学は、専門学校や短大より1年長い4年間学ぶ必要がありますが、多くの大学で助産師や保健師の教育課程も一緒に学びますので、卒業時には看護師だけでなく、助産師や保健師の国家試験受験資格を得ることができます。

また、専門学校とは違い、「看護学」を学び、看護を系統的に考える能力が身につくというメリットがあります。

■最後に准看護師の資格を取得してから、正看護師になるという道についてですが、准看護師の資格を高校の衛生看護科で取得した場合、高校卒業後に正看護師の養成学校に2年間通うと正看護師になることができますので、最短(21歳)で正看護師の資格を取得できるんです。

また、衛生看護科以外の准看護師の養成期間は2年間ですので、時間や金銭面の余裕のない人は、一度准看護師の資格を取得して働き出し、余裕ができてから正看護師の養成学校(2~3年)に通うこともできるというメリットがあります。

  • 就職・転職・キャリアにおける4つの進路の差は?

正看護師になる4つの道をご紹介しましたが、実際の就職や転職、さらに働き出してから、どのような違いがあるのでしょう?

就職時は、正看護師の資格を持っていれば、大学卒だから採用されやすい、専門卒は採用されないということはほとんどありません。でも、大学卒に比べると、専門卒は基本給が1万円~2万円低いという差はあります。しかし、転職の場合は、それまでの看護師経験が重要視されますので、学歴による影響は、ほぼないでしょう。

就職後についてですが、上記で述べたとおり、看護専門学校を卒業した人が、最も実践向きの教育を受けていますので、入職後の約1年間は、専門学校卒の利点を生かせるでしょう。

ただ、実際の現場では、学生時代に学んだことよりも、入職後にいかに勉強して努力したかが、看護師としての成長に大きく関わってきますので、短大や大学卒でも、入職後の努力次第で、その差を埋めることは十分に可能です。

また、大学卒の人は、看護学を学んでいて、看護を様々な視点から、系統的に考えることができますので、患者さん一人ひとりに合わせた看護計画を立てる時に柔軟に対応できますし、管理職になった時にも看護学を学んだことは役に立つでしょう。

近年は、医療の高度化に伴い、看護師の高学歴化が推進されていて、厚生労働省は看護師は大学での教育が望ましいとの提言をまとめています。そのため、看護師を志している人で、一生看護師として第一線でバリバリ働きたいという人は、4年制大学で学んだほうが将来的に有利になるかもしれませんね。

准看護師になるには?

2:52 pm 7月 26, 2013 becomenurse

准看護師は資格取得までの期間が短く魅力的ですが、准看護師問題を念頭に置かないといけません看護職には、正看護師と准看護師の2種類がありますが、現在のところ、正看護師と准看護師の比率は7:3ですので、看護師の中の約30%が准看護師なんです。

通常、看護師というと正看護師を指しますが、様々な事情から准看護師を目指す人も少なくありません。では准看護師のメリットとデメリットを見てみましょう。

  • 准看護師のメリット・デメリット

准看護師のメリットは、短期間で資格を取得することができるという点です。正看護師の養成期間は3年以上であるのに対し、准看護師の養成期間は2年間ですので、少しでも早く働き出したいという人にとっては、准看護師は魅力的な職業と言えるでしょう。

准看護師のデメリットは、正看護師に比べて、お給料が安いという点です。業務内容はほとんど同じであるにもかかわらず、資格の違いだけで、基本給が2~3万円低くなってしまいます。

また、大学病院や大きな総合病院のように、正看護師しか採用しないという病院もありますので、就職先が限られてしまう現実もあります。

  • 准看護師になるには

では、准看護師になるには、どうしたら良いのでしょう?

准看護師になるには、中学卒業の資格があれば良いので、誰でも受験することができ、門戸が広い資格です。准看護師への道は、2つあります。1つ目は、准看護師の養成機関で2年間学ぶ方法です。2つ目が、高校の衛生看護科で学ぶ方法です。この場合、高校で学ぶことになりますので、資格取得まで3年間かかりますが、准看護師になると同時に高校の卒業資格も得ることができるというメリットがあります。

准看護師は、中学卒業後2年間学べば、資格取得できますので、最も早い人で18歳から働くことが可能です。

  • 准看護師問題とは

養成期間が短く、早く資格を取得できる准看護師ですが、これから准看護師を目指す人は、「准看護師問題」を知っておく必要があるでしょう。

准看護師問題とは、看護職を一本化するために准看護師を廃止すべきというものです。医療の高度化に伴って、看護師にも専門的な知識が求められるようになっていますので、准看護師では、知識や技術が不十分ではないかと議論されています。

看護協会や厚生労働省は、准看護師廃止に賛成していますが、実際に雇用する側の医師会はお給料が安い准看護師が廃止されると困るので、強く反対しています。

また、准看護師を廃止した場合、現在働いている准看護師の扱いをどうするかなども、問題になっています。

現在のところ、廃止になるかどうかは決まっていませんが、現実問題として、看護師の高学歴化が推進されていて、4年生の看護大学が急増しているのに対し、准看護師の養成学校は減少傾向にあります。

今後の方向性は決まっていませんし、今すぐ准看護師が廃止になることはないと思いますが、今後准看護師を目指す人は、このような問題が起こっていることを知っておくべきでしょう。

看護師になるには?

11:02 pm 7月 16, 2013 becomenurse

人気の職業、看護師。
その職に就くには大変な努力が必要です。
小学校から中学校、高等学校と順序よく進学して
ストレートに看護師を志望している方は
それほど迷うことはないかも知れません。

しかし、もし貴方が別の仕事に就いている、
ちょっと遠回りして看護師と言う職業に出会った。
そうした場合は、少し知っておいて欲しい事があります。
なるべく失敗無く、看護師になるために
知っておくべき事をお話ししたいと思います。
お役に立てたら幸いです。